飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年4月26日木曜日

【JAPAN PRIZE】授賞式&祝宴【日本国際賞】

どうも。人生で初めて日帰り東京、そして終電近くの新幹線でビールを飲みながら帰京という出張サラリーマンプレイを楽しみました。飯田です。

そういうわけで、JAPAN PRIZEの授賞式(国立劇場)&祝宴(ホテルニューオータニ)に参加させて頂きました。
























受賞式は写真撮影禁止とのことで自重して、祝宴で数枚写真を撮ってきました。



















音楽は授賞式、祝宴共に東京芸術大学の学生さんの演奏でした。
適切な表現かどうか分かりませんが、研究者の日常に無い華やかさに目と耳を奪われました。
危うく心も(以下略
























宴席では、同じく「2011年やさしい科学技術セミナー枠」で参加された九工大の塚本先生夫妻セミナーYouTube、岐阜大の高橋先生セミナーYouTube、杏林大の井上先生セミナーYouTubeと再会しました。

*先生方へ
もしよろしければ、今日撮影した集合写真を以下のアドレスに送って下さい!




さすがの飯田も、着飾って華やかな雰囲気を楽しんで美味しいお酒と料理に舌鼓を打つ今回のイベントを「研究のための出張」と嘯く面の皮は持ち合わせていなかったので、祝宴終了後は速やかに新幹線で京都に戻りました。
かいがいしく、研究室に東京土産まで買って。
























可愛いキリンさんのじゃがりこです。
これは研究室の女子にウケる!
「きゃー飯田さんステキ!」を確信して出勤したいと思います。

飯田でした。

2012年4月20日金曜日

大学院説明会のお知らせ

"四捨五入"は嫌いです。"切り捨て"の採用を推奨します。
先日誕生日を迎えました。干支3周目の最終年。飯田です。

飯田は現在、京都大学再生医科学研究所(再生研)という附置研究所に所属しています。
では、所属しているのは社会人ばっかりか?というと、実はそうではありません。
大学院生として再生研で研究することも可能です。
所属する大学院は「京都大学大学院医学研究科」となります。
"医学"とありますが、医学部出身者ばかりという訳ではなく、飯田が所属する再生増殖制御学分野(瀬原研究室)でも「理学部(飯田含む)」「農学部」「薬学部」など様々な出身の大学院生が、研究を行なっています。

そんな大学院医学研究科の説明会が、5月26日に開催されます(概要)。
当日は午前に全体のガイダンスが、午後からは個別の研究室の見学・案内が予定されています。
飯田は、所属する瀬原研の案内を担当しています。
物見遊山や冷やかしでもいいので、進路検討中の学生諸君の参加を待ってます!
つか、朝から待機してて見学者がいないとヒマなんで、誰か来て下さい!!

研究内容については色んなとこに出してるんで、今さら詳しくココでは語りませんが、大体以下の画像のような感じです。








ゼブラフィッシュ初期発生をモデルとした血管形成・造血機構の解析。











生きた個体を用いた細胞レベルのライブイメージング。











脊椎動物の繁殖様式を研究するための新しいモデル魚類の開拓。


もちろん魚ばかりではなく、哺乳類や培養細胞を用いた研究をやっているスタッフもいますので、詳しくは瀬原研ホームページを参照して頂ければと思います。
多くの学生さんの参加を期待しています。

*京都大学大学院医学研究科『大学院説明会』

飯田でした。

2012年4月13日金曜日

引越し後の研究室【アソビゴコロ篇】

連投です。飯田です。

昨日のエントリーについて財団の中の人から「財団のブログにもフィギュアが登場するのかと期待した」とあったので、出しましょう、研究室の恥部遊び心を。



















まずは飯田のデスクを紹介します。
アイテムひとつひとつを検証されてもアレなので、やや遠目から全体を撮りました(クリックで拡大)
パソコンのデスクトップは、今ハマっている真胎生魚Xenotoca eiseniです。
他にも一致する趣味がありそうな方、メールください(笑)



















次は弟子のデスクです。
つっても殆どが飯田からの貢ぎ物です。
本人曰く「残してある(突き返していない)ものは、それなりに気に入ってますよ?」とのこと。



















次は今年のイチオシ、深海魚カレンダーです。
毎月毎月キモカワイイ海産物に見つめられて、それはもう幸せいっぱいです。
























最後は、実験室の守護者「リサイクルマン(アルミホイル再利用)」です。
近頃1人増えまして、合わせ技が可能になりました。
いつの日か人間ピラミッドを組ませるのが目標です。怒られない程度に・・・。























ということで、今日は「他の研究室にはなかなかねえだろう」というものを紹介しました。
他のブロガーの皆さん、そういう勝負はいつでも受けて立つので「コレは!」というモノがあれば紹介してください。
そう簡単には負けませんけどね(笑)

さて、ということで。
次こそは、次こそは真っ当な『研究』ブログを目指します。
飯田でした。

2012年4月12日木曜日

新年度&研究室の引っ越し

約1ヶ月ぶりです。飯田です。

年度末に耐震工事終了に伴う研究室の引っ越しがありました。
引っ越しというよりは、前にいた建物に復帰したという体ですが。
再びまたたび再生研の西館に凱旋しました。研究室へのアクセス

外観はこんな感じです。研究室は2階に引っ越しました。
























部屋の中からだと、ちょうど討議室の窓から桜が見える感じです。(「逆光は勝利!」とはいかずに見ずらいですが・・・orz)



















実験室は基本的な構成は変わらず。でも新しい部屋は心なしか明るい雰囲気に見えます。



















魚の部屋は変わらずです。
引っ越しも終わって環境が整ってしまったので、そろそろ言い訳をせずにビシっとした結果を出したいところ。


















去年にも増して楽しく実験して、面白おかしい結果をみなさんに紹介できるようにします!
今年度のコンセプトは「ひとりわくわく動物ランド」です。
多分来月には違うこと言ってます。

はい、飯田でした。