飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年4月13日金曜日

引越し後の研究室【アソビゴコロ篇】

連投です。飯田です。

昨日のエントリーについて財団の中の人から「財団のブログにもフィギュアが登場するのかと期待した」とあったので、出しましょう、研究室の恥部遊び心を。



















まずは飯田のデスクを紹介します。
アイテムひとつひとつを検証されてもアレなので、やや遠目から全体を撮りました(クリックで拡大)
パソコンのデスクトップは、今ハマっている真胎生魚Xenotoca eiseniです。
他にも一致する趣味がありそうな方、メールください(笑)



















次は弟子のデスクです。
つっても殆どが飯田からの貢ぎ物です。
本人曰く「残してある(突き返していない)ものは、それなりに気に入ってますよ?」とのこと。



















次は今年のイチオシ、深海魚カレンダーです。
毎月毎月キモカワイイ海産物に見つめられて、それはもう幸せいっぱいです。
























最後は、実験室の守護者「リサイクルマン(アルミホイル再利用)」です。
近頃1人増えまして、合わせ技が可能になりました。
いつの日か人間ピラミッドを組ませるのが目標です。怒られない程度に・・・。























ということで、今日は「他の研究室にはなかなかねえだろう」というものを紹介しました。
他のブロガーの皆さん、そういう勝負はいつでも受けて立つので「コレは!」というモノがあれば紹介してください。
そう簡単には負けませんけどね(笑)

さて、ということで。
次こそは、次こそは真っ当な『研究』ブログを目指します。
飯田でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿