飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年6月1日金曜日

有言不実行【日本発生/細胞生物学会合同大会】

5月病が終わったので今日からテンションを上げていきます。飯田です。

学会でポスター発表をしてきたのですが、質疑応答に夢中でぜんぜん写真とか撮ってきませんでした。すみません。
代わりと言ってはなんですが、学会グッズをお土産にいくつか購入してきたので、紹介します。
Tシャツとマグカップです。


















こういった試みはオーガナイザー(大会長)の先生の性格が反映されて、数年毎にあるように思います。
ちなみに今大会のオーガナイザーは、飯田が研究助成を頂いた際の選考委員だった高橋淑子先生(現 京都大学大学院理学研究科、当時 奈良先端科学技術大学院大学)でした。

明日からまた日常が始まります。
・・・と思いきや、6月は中旬の仙台出張と下旬の母校でのセミナーが入っています。
綿密に計画を立てて、無駄のない実験計画を立てて梅雨を乗り切ります。
また更新します。

飯田でしたー。

9 件のコメント:

  1. 学会、お疲れ様でした。Tシャツとマグですか(笑)。。いまから、次回が楽しみです。日常は、非日常の連続です。思いを新鮮に是非頑張ってください。

    返信削除
  2. 昨日は岩手医科大学の久米先生との打ち合わせのため、仙台を通り越して、平泉という街に行って来ました。
    久米先生→http://blog2012kkume.japanprize.jp/
    先生のブログが面白い!と盛り上がりました。

    返信削除
  3. 飯田@京大2012年6月1日 11:58

    いやあ、なるべく出張は控えて実験に専念したいんですけどね。
    高橋淑子先生は別の研究会でもロゴ入りのチロルチョコ作ってましたから。
    http://www.decocho.com/shop/default.aspx
    財団でもどうですか?ロゴ入りクオカードにプラスしてチロルチョコ(笑)
    こういう遊び心というか発想は見習いたいといつも思っています。

    久米先生も楽しそうな方ですよね。
    研究分野も全く違うというわけではないので、何かの機会で名前を見つけたらお話にいってみます!

    返信削除
  4. あ、久米です。はじめまして。
    陰ながら飯田先生のブログのファンでした。
    小倉さんに、それではストーカーだよと指摘されたので、
    陽ながらファンになります。

    返信削除
  5. 飯田@京大2012年6月1日 18:29

    おお、久米先生!
    ブログにアップされていた授賞式のテヘペロ写真を拝見して「こやつできおる・・・」と注目していました。
    いやー見られてましたか。ありがとうございます。

    チャンスがあればぜひとも直接会ってお話がしたいです。
    お互いが参加しそうな大きな学会や、関西に出張の際はぜひ声をかけてください。
    ちなみに、岩手県は、生まれてこのかた足を踏み入れたことがありません・・・orz

    返信削除
  6. ぬっ!通信してしまいましたね飯田先生!
    今後ともよろしくお願いします。

    何でしょうこのきらめきは、小倉さん。
    根暗にしか味わえぬものがありましょう。
    他にも飯田先生のブログ好きな助成対象者の方おられませんか?
    アプローチしてみましょうよ。

    実はテヘペロも魚が好きです。
    特に口吻のメカニカルなところが…

    先生のブログを参考にマイペースにやってみます。
    分生行くかもしれないので、その時は声掛けさせてください。

    返信削除
  7. 飯田@京都大2012年6月12日 0:29

    久米先生!
    こちらこそよろしくお願いします。

    魚、いいですよね。
    口とかあり得ないくらい広がりますからね。
    近いうちに軟骨&硬骨染色(透明な体に骨が青く染まるヤツ)をやってみる予定なので、キレイに染まったら顔のズーム写真を撮ってみます。

    分生、福岡、いいですね。
    去年&今年の生命系の受賞者の方はけっこう参加するんじゃないでしょうか?
    また近づいたら連絡取り合いましょう!

    返信削除
  8. 骨染色の写真、すごく楽しみです。
    最近、抄読会のために胚発生時の境界形成についての
    文献を読んでますが、
    動的でとても楽しそうな分野ですね発生学は。
    学会でお会いできるのを楽しみにしております!

    返信削除
  9. 飯田@京都大2012年7月2日 0:48

    言われたからには近いうちにやらないと・・・。>骨染色
    有言実行は大事ですよね(汗

    胚発生は限られた小さな空間に、これでもかと様々な現象がひしめきあってので、まさしく宇宙です。
    小さな卵ひとつひとつの中で受精というビッグバンの後に宇宙創世が起こってます。
    その辺の面白さを幅広い人達に伝えられるように頑張っていきます!

    返信削除