飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年7月28日土曜日

【輪切りで】鮭の切り身のように【観察する】

夏の猛暑か、気持ちのやさぐれか、ビールの美味しい7月です。飯田です。
今日は、鮭の肴としても一級品、魚の切り身の話です。

先月紹介して、特定の層を含むかなりの訪問者数を稼いでいるBL魚ですが、少しずつ解析に着手しています。
最近では、からだの中の構造を観察するために切片化して観察しました。
切片とは、魚を下の図のように輪切りにして、断面を観察することです。













で、切ってみたものが下の図。























理解を助けるイメージ図として、鮭の切り身を並べています(笑)
鮭は内臓を抜いてありますが、骨や肉・皮などの構造からイメージし易いと思います。
つまり「居酒屋で切り身の焼き魚や、シシャモをかじって断面を観察しているようなもの」と、ご理解ください。

ただ漠然と全体を見てるわけではなく、もちろん見たい場所があるわけですが、本命についてはココでは紹介できないので、例として背側と腹側を拡大した写真を下に。


拡大して観察できるレンズ&顕微鏡を使えば、かなり細かい構造まで観察することができます。
それこそ細胞ひとつひとつまで。
今日は、下の拡大図にある穴状の構造が何かを紹介します。

これは、もっとも腹側にある穴(管状)の構造です。
人間に例えて言えば、直腸に該当する消化管の端っこ部分です。
もっと俗っぽく言えば、ウ●コが出る直前に通る管です(笑)
つまり下の図のようなこと。


こんな風に、切片で目的とする器官・組織の形態を詳細に観察して、その形状や位置の情報から生きた魚ではどのように働いているかを妄想する作業をしています。
次は、麻酔で眠らせた生の魚を解剖して、目的とする組織を生きた状態で観察します。
気持ち的には今すぐに、スケジュール&テンション的には、夏の終わりまでにはなんとか・・・。

飯田でした。


2 件のコメント:

  1. 榛葉健一(国際科学技術財団)2012年7月31日 11:53

    飯田先生
    一気に読んでしまいました。やさしく科学を理解すること、大切ですね。 次回を楽しみにしています。

    返信削除
  2. 飯田@京都大2012年7月31日 18:30

    いつもありがとうございます。

    居酒屋で魚を食べるたびに実験のことが頭に浮かぶので、今回思い切って実際に並べてみました。
    思った通り(?)ほとんど同じでしたね!

    小難しく考えず、身近なものから科学に触れられるような視点を紹介できればと考えてます。
    また更新します。

    返信削除