飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年9月25日火曜日

第18回小型魚類研究会@京都

研究会を終え、残務処理に追われています。飯田です。

というわけで、この1年間気の休まるヒマを与えてくれなかった第18回小型魚類研究会【18th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting】を何とか終えることが出来ました。



















会場は京都大学医学部の芝蘭会館
国内外から約200名(海外から13名)の研究者が参加し、18社からの協賛を得て、2つの団体の後援の元で開催することができました。



















稲盛ホール(口頭発表会場)はこんな感じで。
2演題の基調講演と、35演題の一般口頭発表が行なわれました。
























ポスター発表は63演題。
所狭しと活発な議論が行なわれていました。



















懇親会は山内ホールで。
料理は豪華だったのですが、150名近くを収容して少しキツキツの印象・・・。























学生の発表の中から、2件の口頭発表と、3件のポスター発表が優秀発表賞として表彰されました。
詳しくは18th Japanese Medaka and Zebrafish Meetingの公式HPをご覧下さい。

飯田は事務局の一員として演題も出さずにひたすら裏方でした。
つーことで発表もなく、他人のポスターの前で記念写真を撮るのが精一杯でした。




















自分がイベントの運営側に携わってみて分かることは、財団の『営業の鬼』ことO倉氏の企画実行力の凄まじさ。それに尽きます。
足下どころか同じ人間とは思えません。尊敬。むしろ畏敬。

ちなみに来年の第19回小型魚類研究会は、東北大学の主催で「杜の都」仙台にて開催されます。
仙台と言えば政宗公。キャッチフレーズはもちろん「レッツパーリィ!」です(嘘)。

飯田でした。

4 件のコメント:

  1. 審査グループの松永です。
    研究会の裏方役、ご苦労様でした。とある学会の役員をしている身としては若手の活躍は心強い限りです。ところで1枚目の写真を見ての素朴な疑問ですが、何故日本語の小型魚類が英語では日本メダカとゼブラフィッシュなんですか?

    返信削除
  2. 飯田@京大2012年9月28日 0:49

    どうもお世話になってます。
    終わってみれば「あれもこれもやっておけば・・・」って思いますけど、やってる最中は必死でした(笑)
    ここ1年ずーっとの懸案事項だったので、ホントに今はホッとしてます。

    分子生物学の世界では、ニホンメダカとゼブラフィッシュがほぼ独占というか、2大モデル生物なんですよ。
    なので「小型魚類≒Japanese Medaka and Zebrafish」なのです。
    歴史をひも解くと第2回(1996年)から”Medaka and Zebrafish”となってます。
    http://www.bio.nagoya-u.ac.jp:8000/meeting1.html

    でも、実際はそれだけに拘ってはいなくて、今回もクマノミやブリの演題がありました。

    返信削除
  3. 榛葉健一(国際科学技術財団)2012年9月28日 13:23

    Medaka??と同じ疑問をもった私としても、納得いたしました。榛葉健一

    返信削除
  4. 飯田@京都大2012年10月1日 18:40

    めだか、目高、Medaka、Killifish、Ricefish等々いろんな呼び方がありますが、研究業界では『Medaka』がスタンダードです!(多分)

    返信削除