飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年11月13日火曜日

国際シンポジウム@奈良

こんにちは。飯田です。

11月12-13日は奈良で開催されたInternational symposium 2012 Neuro Vascular Wiringに参加してきました。


















このシンポジウムは、2011年の国際科学技術財団研究助成の選考委員である現・京都大学の高橋淑子教授が代表を務める、新学術領域研究「血管—神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構」の主催で行なわれたものです。
























奈良ということで、お約束通りにせんとくんと写真を撮ったり、
























シカと戯れたりしていたら、他の先生に「シカと遊んでる変な人がいると思ったら飯田さんだった」と言われる始末・・・。



















今回は、発表が奈良県新公会堂の能楽ホールで行なわれるというオシャンティーなシンポジウムでした。
中身も血管と神経に特化した内容ばかりなので、濃いというか、全てが何かしら自分の研究にも関わりそうでとても勉強になり、同時に焦りを覚える2日間でした。いや全く。



















そして懇親会では、2012年の助成者である大阪大の村松先生にお会いしました。
(※京大組(右2名)とそれ以外(左2名)のテンションの差は学風の違いです多分)

ということで、とても得るものの多い有意義な2日間を過ごしてきました。

次はおそらく魚ネタでブログ書きます。
飯田でした。

3 件のコメント:

  1. 榛葉健一(国際科学技術財団)2012年11月19日 12:16

    お疲れさまでした!
    ところで、星出さんが宇宙から地球へ戻ってきたニュースが流れていますが、その中で、宇宙ではメダカを使って実験をした旨の報道がされています。 ”メダカ”と言う言葉がテレビから聞こえてきたら、直ぐに飯田先生を思い出しました。飯田先生のアイデンティティが確立している証拠。 ブランド戦略の基本ですね!! 榛葉健一

    返信削除
  2. 先日はありがとうございました。
    またお会いできる日を楽しみにしていますね!

    返信削除
  3. 飯田敦夫@京都大2012年11月21日 17:39

    >榛葉さん
    本当はゼブラフィッシュも宇宙に行くプランがあったとか、無かったとか・・・(ぼやかしてます)。
    「飯田=魚」が定着してきているのなら、嬉しいことです!
    毎年9月の小型魚類研究会で、東大やJAXAの方が宇宙メダカ関連の発表をされることがあるので、何となく具体的な内容も耳に入ってきます。

    >村松さん
    こないだはどうも。ブログ繋がりで絡んでしまってすみませんでした。
    またお目にかかれるよう、本業も励みます!

    返信削除