飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2012年11月25日日曜日

DS【男子小学生】

3連休を風邪の余韻で棒に振りました。飯田です。

連休最終日の今日は、9月の京都大学アカデミックデイで知り合った小学生とそのお父さんが魚類飼育室を見学に来ました。
研究室外のイベントだと、遺伝子組換え動物(光る魚)は持ち出せないため、9月にした「研究所まで来てくれたら本物見せるよ」という約束が2ヶ月ぶりに果たされたわけです。

魚だけじゃなく、顕微鏡に関しても、アカデミックデイに持参した実体顕微鏡よりも格段によく見えるものがあるわけで、



















↑透明ゼブラフィッシュとか、





























↑光る遺伝子組換えゼブラフィッシュとか、とにかくありったけ見せて反応を探りました。

その結果、彼が最も興味を示したのは稚魚の餌のゾウリムシのようでした。


















魚好きとしてはちょっと切ない結果でした。
でも、小学生からしてみれば、遺伝子組換え動物なんかよりもゾウリムシの方が、教科書にも載ってて、でも本物を見る機会は滅多に無いレア体験だったと考えればそれなりに納得です。

そして子供は好奇心と行動力のカタマリで、顕微鏡の操作方法をちょっと教えただけで拡大するわピントを工夫するわ、目で確認してからパソコン画面に映してみるわ、色々やっていました。
放っといたら一日中いじくりまわして遊んでいるのではないかと思うほど。
将来有望。15年後を見越したリクルート活動という感じで。

しかし、この「意外に好反応だった。」という感想も、裏返せばボクが相手の目線で物を考えていなかったということなので、今後も老若男女万人にウケるような営業力&コミュ力を磨かなくてはと感じました。
研鑽研鑽アンド研鑽。

飯田でした。

2 件のコメント:

  1. 榛葉健一(国際科学技術財団)2012年11月29日 16:59

    素晴らしい! 榛葉健一

    返信削除
  2. 飯田@京都大2012年11月29日 19:02

    ありがとうございます!
    榛葉さんももしよろしければ、お孫さんとご一緒に!!

    返信削除