飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2013年2月24日日曜日

ブラインシュリンプ育成記

こんにちは。飯田です。
先週の記事で、ゼブラフィッシュの生き餌のアルテミア(別名:ブラインシュリンプ/シーモンキー)を紹介しました。
実はあれ以降、一部をずっと育てていたので、成長の記録の一部を紹介しようと思います。


最初は孵化当日










体に栄養分が詰まっているので、オレンジ色に見えています。
頭部に幼生だけに見られる「単眼」と呼ばれる目がひとつあります。


次に孵化後2日。















栄養分を使って体が大きくなりました。
胴体部分が伸びて、両手に水を掻くための”ヒゲ”のような構造が出来てきます。
この日から餌として、ゼブラフィッシュ用の粉エサを砕いたものをやってみました。


孵化後4日。













是非とも画像をクリックして大きな写真で見てもらいたいのですが、両手の骨格(?)がカッコいいです。
友達には「エヴァンゲリオンの使徒だな」と言われたので、顔の前で手を組んで「ああ」と答えておきました。


最後に孵化後6日。













基本的なフォルムに大きな変化はありませんが、頭部に左右一対の「複眼」が出来てきます。
成体になるとこの複眼で物を見るようになります。

と、ここまでは育てたのですが、孵化8日後に大量死してしまいました。残念。
調べたところによると、意外と餌や水のコンディションが難しいらしいです。
機会があれば再チャレンジしたいと思っていますが、今回はこれで打ち止めです。
ちなみに大人になると、こんな感じ(Wikipedia)でエビっぽくなります。

ゼブラフィッシュを飼育しているとアルテミアの他にも、稚魚の餌のゾウリムシやワムシ、水槽に繁殖する謎の泳ぐ微生物(!?)などと遭遇します。
それらも、また機会を見て紹介していきたいと思います。

では。また更新します。

0 件のコメント:

コメントを投稿