飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2013年9月24日火曜日

第19回小型魚類研究会

ご無沙汰しています。飯田です。

9月20〜21日に仙台で行なわれた第19回小型魚類研究会(HP)に参加してきました。
残念ながらデジカメを忘れていったため、いつものようには写真を撮れなかったのですが、とりあえず雰囲気を掴むために会場の様子を1枚。






















発表内容もお馴染みのメダカやゼブラフィッシュばかりでなく、ティラピアやアロワナなど様々な魚の登場する研究の話を聞いてきました。
飯田自身は今年は発表しなかったのですが、来年は是非とも面白い結果を持っていきたいと励みになりました。

その『第20回小型魚類研究会』は2014年9月20-21日に慶應大学薬学部(芝共立キャンパス)で行なわれます。
次回は慶應医学部の谷口善仁先生が主宰されるため、医学系にフィーチャーした内容になる予定だと聞いています。
今現在は使ってないけど、これから魚の使用を検討される方など、幅広い層が参加しやすい会になると思うので、興味のある方はぜひカレンダーに◎をつけておいてください。

仙台からの帰途は『出張の鬼』こと財団の小倉氏を見習って、牛タン弁当に舌鼓を打ちながら新幹線乗り継ぎで帰りました。





















さて、秋とくれば、恒例の科学研究費の申請シーズンです。
牛タンで養った力で、実験と申請書作成の並走に努めます。
また更新します。飯田でした。

2 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2013年9月24日 7:57

    私も9月6-7日と盛岡に行ってました。ニアミスがありあそうですねw。
    ところで、ウーパールーパー、可愛いですね!あれは指を餌だと思うのですか?小山先生のラボのウーパールーパーたまにひっくり返ってます。

    返信削除
  2. 東北方面はなかなか機会がないのですが、東京なら11月に「なまけっと」というイベント参加のために生きますよ。

    うちのウーパーも2匹くらい転覆してます。
    治る個体もいれば、そのままの個体もいるようです。
    近づくものを何でも食べ物だと思うらしくw、もちろん指も食べますし、ピンセットでの餌付けにも成功しています。

    返信削除