飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2013年11月5日火曜日

なまけっと@東京

こんにちは。飯田です。
以前に予告した通り、11月2日に東商センターで開催された生き物まーけっと(なまけっと)に行ってきました。
いつも参加している学会とは違う方向性で生き物が大好きな人達が集まっていて、その熱気とニッチさに圧倒されました。

大きく分けて「生き物そのものを収集・標本化している系」と「生き物をモチーフとした創作物を作ってる系」に別れていたと思います。

例えば透明骨格標本とか、






















アリの巣の展示や、アリそのものの販売など、






















「世の中には生き物を(良い意味で)拗らせている人がまだこんなにいたのか!!」と感動して京都に戻ってきました。
帰ってから、戦利品のひとつの魚の樹脂包埋標本を顕微鏡で撮影したりしてみました。


























他にも、関東の友人と合ったり、「日本有数の」や「都内最大級の」という二つ名で呼ばれている熱帯魚店に足を運んでみたり、かなりリラックス&リフレッシュできた3連休を過ごしました。
ただ、お目当ての魚は取り扱いが無いらしく「7〜8年は入荷されてるのを見たことが無い」と言われ、若干の絶望を味わったりもしました。

自分もなまけっと参加者に負けずに、生き物の楽しさの啓蒙に今まで以上に努めたいと思います。
また更新します。


4 件のコメント:

  1. 飯田さん

    この集まりというか展示会は、年に何回あります?
    似たようなものが、東京近郊であれば、次回は是非小生も参加してみたいと思います。

    そのような情報が入りましたら、是非教えて下さい。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除
  2. なまけっと自体は今回が第1回目で「来年は関西でやろう」なんて噂も聞きました。
    関東だと、12月のアクアリウムバス(http://aquariumbus.com/)や、来年夏の博物ふぇすてぃばる(http://hakubutufes.com/)でしょうか。
    また何か面白そうなイベント情報を入手したらお知らせします!

    返信削除
  3. 小倉(ジャパンプライズ)2013年11月12日 15:12

    なまけっと。。。。
    ネーミングが似ているというだけのコメントですが、
    実は過日、長女が「ナマケモノ」を飼いたいと言い出し、飼育に関する講演会を聞きに行きましたw。

    返信削除
  4. 調べたら、国内で飼育も不可能ではないんですね・・・。
    でも、機嫌の悪い時にウロウロされたらイラつきそう(笑)

    返信削除