飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2014年7月27日日曜日

京都大学白浜水族館

こんにちは。

今日は和歌山県白浜の京都大学白浜水族館に行ってきました。
研究とは全く関係なく、プライベートで。
京都大学に着任して9年になりますが、実は初めてです。



















白浜水族館は主に和歌山の海にいる魚介類を展示しているのですが、特に無脊椎動物に力を入れているとのことです。
















































特に夏休み期間中は「研究者と飼育係のこだわり解説ツアー」や「バックヤードツアー」などのイベントも開催されています。

また、白浜水族館の隣には、和歌山県出身の博物学・民俗学の巨星『南方熊楠(みなかたくまぐす)』記念館もあります。




















飯田はもともと熊楠を『てんぎゃん(岸大武郎 作)』という少年ジャンプに連載された漫画で知ったのですが、実際も漫画に負けず劣らずユニークかつ偉大な研究者です。

























白浜は和歌山市からも南におよそ100kmとなかなかに遠いですが、もし近くに寄る機会があればぜひ足を運んで欲しいスポット2つの紹介でした。
また更新します。

2014年7月13日日曜日

(遠藤先生の)やさしい科学技術セミナーが新聞記事になりました

昨日お邪魔した京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の遠藤慧先生のセミナーの様子が、京都新聞に掲載されていました。






















『科学者と一般社会との対話』のお手本のような内容&写真になっています。
自分の場合「科学者の変態的な面を知ってもらわねば!」という方向性でのアウトリーチ活動を展開しがちになるので、昨日の経験を以降の活動に上手に反映させて行こうと考えています。

ところで遠藤先生、32歳だったんですね。
見た目からもっと若いと思っていました(笑)

2014年7月12日土曜日

やさしい科学技術セミナー@京大CiRA

遠藤慧先生のやさしい科学技術セミナーにお邪魔してきました。
「ご家庭にあるものでバナナからDNAを抽出する」メソッドは盗んでどこかで活用しようと思いました。
確実にたくさん採れるし、バナナがいい匂いする(笑)






2014年7月9日水曜日

黄金ナマズにコメント

こんにちは。飯田です。

先日、電話取材を受けたと報告した某情報番組ですが、今朝はオンエア内でコメントを紹介してもらえました。顔写真付きで(笑)


















内容のウェブニュース

どや顔気味の写真と『 ス ト レ ス が 解 消 し た の か ! ? 』のコンビネーションがじわじわ来ますが、これも研究助成ブログでの情報発信の賜物だと思っています。
ありがとうJAPAN PRIZE、ありがとう研究助成ブログ。

また更新します。