飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2014年8月25日月曜日

友人が宇宙気候学の本を出しました。

こんにちは飯田です。
今日は(も)宣伝です。

去年から武蔵野美術大学に呼んでくれている宮原ひろ子先生が、宇宙気候学に関する本を出しました。


















地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか: 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来(化学同人(株))

実は、宮原先生とは名古屋大理学部の同期&同じサークルで、わりかし旧知の仲です。
当時の詳しい話を書くと、お互いにダメージを負うのであまり触れませんが(笑)
この本は初心者でも分かり易く書いてあるそう(まだ読めていないorz)なので、機会があればぜひ目を通して、Amazonでレビューなどを書いてやってください。
よろしくお願いします。


















8月は大人しくしてましたが、9月は毎週のように出張orイベントがあるので、それらのネタでまた更新します。
飯田でした。

2 件のコメント:

  1. 宇宙気候学ですか、面白そうですね。そういえば。。。
    最近の地球の温暖化について、世界各地の人々はどう考えているのか?いやどう感じているのか?そもそも、感じているのか?本当に地球規模の”問題”なのか?ではないのか?その辺を教えてくれそうな本ですね。
    是非、入手したいと思います。

    返信削除
  2. ぜひご購入ください!
    かくいう僕はまとまった時間が無くて、秋まで完読はお預けの見込みです・・・orz

    返信削除