飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2014年9月14日日曜日

動物学会&動物学ひろば@仙台

こんにちは。飯田です。

9月10-13日に東北大学で開催された動物学会で発表してきました。
発表タイトルは「真胎生魚ハイランドカープの胎仔発生(Fetal development of the viviparous fish ”Xenotoca eiseni”)」です。

それに加えて、9月13日に併催された一般公開イベントの動物学ひろばでも展示を出しました。
こちらは「お腹の中で子供を育てるサカナ」と銘打ちました。


































事前に河北新報さんにハイランドカープをプッシュしてもらった影響かどうかは分かりませんが、かなり盛況でてんてこ舞いでした。

来週は第20回小型魚類研究会で発表し、その次の週末は京都大学アカデミックデイで一般展示を出します。
今年の9月は長丁場です。がんばります。

2 件のコメント:

  1. 飯田先生も発表が続いていますね。秋の今頃ってそういう時期なんですね。

    返信削除
  2. 季節もそうですし、このテーマはそろそろ区切りを入れる時期なので。
    様々なところで発表して内外にアピールしています。

    返信削除