飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2015年8月20日木曜日

【開催報告】ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会

8月18-19日に岡崎の基礎生物学研究所で開催した「ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会」で、共同世話人をしつつ、発表してきました。





































登場した生物は"ヒメイカ"、"ミミズ"、"ニワトリ"、"アブラムシ"、"イベリアトゲイモリ"etc.。
とてもバラエティに富んだ新鮮な2日間でした。
いろいろと刺激を受けたので、さらに精進します。

2 件のコメント:

  1. 会そのもの名前も発想も大変ユニークですね。でも、そういう研究をしている人たち同士が集まるというのは、お互いに刺激を与え合う良い機会だったのだろうな~と思います。

    返信削除
  2. 開催前はどうなることかと思いましたが、みなさん素晴らしい研究を披露してくださり、成功裏に終わったと自負しています。
    これから第2回3回と継続していくとなると、また話は変わりますが・・・。

    やたら長い「ライトノベル風タイトル」は最近のマイブームです。
    12月に開催されるBMB2015という学会でも、長いタイトルのフォーラムを企画しています。
    その話はまた改めて。

    返信削除