飯田 敦夫(京都大学大学院医学研究科 グローバルCOE特定研究員)

2015年12月21日月曜日

近況報告(箇条書き)

飯田です。11月-12月にあったとことを箇条書きで報告します。

--
2015年11月6日
第1回ゼブラフィッシュ創薬研究会』で口頭発表しました。


2015年11月7日
名古屋大学理学部の『生命理学同窓会総会』に参加しました。


2015年11月26日
クラウドファンディングの目標金額を達成しました。

述べ92名の方から693,120円の支援を頂きました。
多くのご支援ありがとうございました。


2015年12月2日
BMB2015のワークショップ『小型魚類解体新書』を平田普三さん(青山学院大学)と一緒に企画して、自分も発表しました。

2015年12月3日
BMB2015でフォーラム『経験もお金も人脈も無い若手が自分の妄想を企画化するにはどしたらいいのだろうか?』を今井美沙さん(順天堂大学)と一緒に企画して、自分も発表しました。

--

ここのところ心の余裕がなくて、写真などを織り交ぜた凝った更新ができずにいます。
年末年始でリフレッシュして、アクティブさを取り戻したいと思います。

最後に宣伝ですが、実験医学2月号(羊土社、1月18日発売)から始まる「個性派実験動物」を題材とした連載で監修を務めます。
よろしくお願いしまっす。

--
飯田

3 件のコメント:

  1. 飯田先生
    クラウドファンディング目標金額達成おめでとうございます。クラウドファンディングに少し興味があるのですが、支援金は大学に寄付する形「寄付金」になるのでしょうか?差し支えなければ後学のために教えてください。

    返信削除
  2. 伊藤先生

    コメントありがとうございます。
    一番的確な回答は「所属機関のルール次第」と言うところですが、僕の場合は「寄付金」として大学に入れてもらいます。
    あらかじめ部局の経理の方に「こういう制度で資金を集めたいんですが」と伝え、受け入れの心算をしたもらった方がベターです。

    ちなみに、サイトに出ている金額から運営会社の取り分と、リターンに関する必要経費が引かれるので、実際に必要な額の130-140%くらいに目標額を設定する必要があります(今まさにそれを実感している)。

    ご参考になれば幸いです。

    返信削除
    返信
    1. 飯田先生
      詳細ありがとうございました。
      いつも聞く「所属機関のルール次第」は曲者ですね。これで自由度が激減してよく泣かされています。
      運営会社の取り分等気をつけないといけないですね。機会があったら私もトライしてみたいと思います。勉強になりました。

      削除